ボトムズ脳になりかけている男が、独断と偏見で『装甲騎兵ボトムズ』劇中内用語について語ったり語らなかったり、アストラギウス銀河の世界観に関して妄想をぶちまけたりするWiki。

フィアナは、初めてのパーフェクトソルジャーにして、キリコ・キュービィーと運命的に結びついた女性である。劇中では他に『素体』『プロトワン』『ファンタム・レディー』といった呼称もあるが、この項ではキリコによって付けられた名前『フィアナ』で呼ぶことにする。

概要

フィアナは、ギルガメス軍によりパーフェクトソルジャーの『素体』として作り上げられた。劇中では開発途中の詳細な描写はないものの、クメン編?におけるロッチナのPSの説明やそのときの描写から、胎児の段階から成人相当に成熟するまで、人工子宮かそれに類する環境の中で精神活動を停止されたまま保育・発育させられたものと思われる。

そのままいけばギルガメス軍のパーフェクトソルジャーの素体として覚醒するはずだったが、秘密結社?により奪取され、『レクチャー』を施された上で秘密結社の走狗とさせられてしまう。

だが、後述するキリコとの出会いにより、彼女の運命は劇的に変わることになった。そしてまた彼女の存在が、キリコの運命をも変えることにもなった。

キリコにとってのフィアナの存在は、ロッチナをして『触れ得ざる者?とはフィアナのことだった』と言わせしめるほどのものであった。

名称

  • 素体
    • 主にギルガメス軍側で使われる呼称。
    • 文字通り、パーフェクトソルジャーの素体であることからこう呼ばれる
  • プロトワン
    • 秘密結社での運用時のコードネーム。
  • ファンタム・レディー
    • ウドにいたころにバトリング関係者によりつけられたあだ名。ネーミングの由来ははっきりしないが、正体の知れない女であることからか。
    • 『死神』とも呼ばれる。ノベライズ版?ゴウト?のセリフでは、彼女がバトリング観戦に訪れると必ずリアルバトルが組まれることからこう呼ばれているとの解説あり
  • フィアナ
    • プロトワンのピンチの際キリコの口から唐突に出た名前。
    • これも由来ははっきりしないが、幻影篇?において、サンサ?の施設でペールゼンの指揮する右肩が赤いATの群れに焼かれた過去を見せられたとき、幼いキリコが同じ年頃と思われる女の子を助けようとするシーンがあり、その女の子が『フィアナ』のネーミングの元であった可能性がある。

劇中でのフィアナ

彼女が目覚めたのは、謎の勢力により襲撃されたギルガメス軍の研究拠点・リドであった。彼女の目覚めはギルガメス軍にとっても、そして彼女を奪取した秘密結社?にとっても想定外の出来事であった。

リドからの奪取からウドまでの間の描写はないが、その間に『レクチャー』が行われ、パーフェクトソルジャーとして最低限の完成度に達したものと思われる。

秘密結社によりウドに連れてこられた彼女は、まずバトリングの観戦をさせられる。公式サイトのキャラクタ紹介によると、これはAT乗りとしての経験不足を補うためだったという。バトリング観戦に赴く際キリコと二回ほどすれ違うものの、このときは互いを認識していない。

キリコと初めて遭遇したのは、ヂヂリウム保管庫を襲撃したときであった。保管庫内に設えられた彼女の部屋はクラシカルな調度品が使われ、ヂヂリウムシャワーのある部屋は樹木がな生い茂っているという別世界のような場所であった。

(以下作成中)
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

主要キーワード

【メニュー編集】(管理者専用)

管理人のみ編集できます