ボトムズ脳になりかけている男が、独断と偏見で『装甲騎兵ボトムズ』劇中内用語について語ったり語らなかったり、アストラギウス銀河の世界観に関して妄想をぶちまけたりするWiki。

概要〜超えられない壁なんてない〜

2010年にイベント上映され、2011年にソフトとして発売されたOVA。タイトルにボトムズとはつくが、装甲騎兵ボトムズシリーズの舞台のアストラギウス銀河とはまた別のパラレルワールド*1を舞台にした異色作。監督はペールゼン・ファイルズなどで作画監督を勤めた重田敦司氏。
元となった『装甲騎兵ボトムズ』とは逆で、割と素直で時に熱い青年を主人公に据えた冒険活劇ではあるが、登場するメカの『アルトロ』がボトムズのATを踏襲したような『人間の体長のだいたい二倍くらいで数多のギミックを備えた二足歩行機械』であるのは当然として、結構細かいところでボトムズを感じさせる要素が多い。
メカニックは基本的に(ペールゼン・ファイルズ以降のボトムズと同じく)CGで描写されるが、幻影篇?孤影再びよりも陰影が少なく、よりアニメ調の強い描写となっている。

あらすじ

谷の底『ボトムズ』と、その上層にある『トプ』に別れた世界。
その身のこなしから『タンブラー』(曲芸師)の二つ名を持つが、暇さえあればボトムズの底から空を眺める夢見がちなアルトロ乗り用心棒・アキは、ある日トプからやってきたレッシングという男から、誘拐されたある令嬢の救出への協力を要請される。トプの人間からの思わぬ依頼に舞い上がるアキだったが、『誘拐犯』ディアハルトとの対峙後、実は誘拐犯はディアハルトではなく依頼主のレッシングであったことを彼から聞かされる。
アキはその責任感などなどから、ディアハルトとともに令嬢の救出作戦を敢行する。
アルトロに乗り込み、ボトムズからトプへ向かってそそり立つ崖を登りはじめる二人。そして文句を言いつつも追従するアキの相棒エイビィ。彼らは令嬢救出作戦を無事に成功できるのか?!

登場人物

  • アキ・テスノ
    • 主人公。ボトムズのアルトロ採掘場で『シロアリ』退治の用心棒をしている。
    • 髪は暗いネイビーブルーで、瞳は赤。頭にはガイコツ柄のバンダナのようなものを巻いている(ラストシーンではバンダナをつけていない)
    • アルトロの操縦の腕は確かで『タンブラー』(曲芸師)の異名を持つ
    • 暇なときにはボトムズの底から空を見上げトプに思いを馳せる夢見がちなところがある。
    • そこそこかわいい幼なじみ・エイビィがいるのに彼女のほうはあまり向かないという罠。ナニゲにおにゃのこへの欲求は薄いんだろうか…
    • 乗機はマティオンタイプaIIのカスタム。
    • はじめこそヘマをこいてしまうが、トプの基地内の戦闘では『曲芸師』の名に恥じない機動で危機を回避する(ただそれでも彼的には失敗したらしい)
    • ラストで令嬢の名前を聞いたとき『懐かしい』と口走るが、彼女と何か因縁があるのかは不明
  • エイビィ
    • 主人公の幼なじみにして仕事上の相棒。アツめで夢見がちキャラのアキとは反対に現実的(ある意味堅実)。
    • 夢見がちなアキを随分からかったりもするし、アキとディアハルトのスウィニー卿令嬢救出作戦には後を追いつつ『ついていけないッ』といった雰囲気も見せるが、終始ナイスなアシストを見せる。苦労人だなぁ…
    • どことなくアキに気があるようなところもある…?
    • 乗機はマティオンタイプdIIIのカスタム。スコープドッグっぽい色合い。
  • ディアハルト・グリューニリッヒ
    • スウィニー卿令嬢を誘拐した犯人…だと思った?残念実は彼女を誘拐の危機から助けて匿っていたスウィニー卿の秘書でした。
    • 容姿端麗すなわちイケメン。
    • はじめはレッシングの口車に乗せられて誘拐に荷担したアキに対してつらめにあたっていたが、スウィニー卿令嬢救出のために共闘する中で、アキを身を挺して庇うほどの信頼関係を結ぶ。
    • 従軍経験あり。軍隊時代の上官はレッシング。レッシングの評価は『ホープだったが詰めが甘い』。
    • 乗機はカスタマイズされたクニグフト『ビルアーク クニグフト』。両肩からアンカーのようなものを射出し、スウィニー卿令嬢を追跡するためのセンサを積んでいた。
    • ラストで救出された令嬢とがっちり抱き合っているのでただならぬ仲…?
  • ジョゼ・レッシング
    • トプから仕事を依頼にボトムズへやってきた男。トプのある議員の秘書をやっている(アキに身分を説明したときには『早口言葉…?』と言われた)。
    • 誘拐されたスウィニー卿の令嬢をボトムズの『島』から救い出してほしいと依頼してくるが、真の誘拐犯はこいつで、ディアハルトにより阻止されたスウィニー卿令嬢の誘拐を成就したいがために『島』に詳しいアキに仕事を頼んだのが真実
    • アキをだまくらかしてスウィニー卿令嬢をかっさらったように、非常に狡猾で尊大。ボトムズに対する差別意識ももちろん標準装備。端的に言うと『イヤな奴』。
    • 乗機のクニグフトは目つきが悪く、両肩に大型ミサイルを一基ずつ装備。
  • ダバルド
    • アルトロ採掘場を営む爺さん。
    • 若い頃トプに到達したことがあるらしく、劇中でアキからトプの話をしてくれとせがまれる。
    • ちなみに中の人はカン・ユー?ワップ?ニーバ?と同じ広瀬さん。だがキャラ的には180度逆。
  • メルインガル
    • アルトロの修理を手がける女。大人の女の雰囲気をもつクールな面持ちの女性。
    • トプに対しては『(ボトムズの人間には)縁がない』とするも、アキのトプへの憧れを『知らない世界や人への「むすびつき」を欲しているのでは』と看破している。
  • スウィニー卿令嬢
    • トプの統治議会議長の令嬢。秘書のディアハルトにより保護されていたが、政敵のレッシングにより誘拐されてしまう。金髪の前髪ぱっつんの見目麗しいお嬢様。
    • 誘拐時にカプセルにぶち込まれるが、前髪ぱっつんでカプセルとはこれいかに
    • アキはその容姿から勝手に『サンドリヨン』と呼んでいたが、本名は…

用語

  • ボトムズ
    • アキたちか住む世界の大地に穿たれた深い谷の底を指す言葉。
    • 地底にはアルトロが多数埋まっており、ボトムズの人間はアルトロの採掘を生業にする者が多いよう。
    • 谷の上に住むトプの人間にとって、ボトムズの人間は賤民。
    • ボトムズからトプへと上ってゆく人は一応それなりにいるらしく、ダバルド爺さんが言うにはボトムズからトプに移り住んだり、移り住んだ後ボトムズに戻る人とかもいたらしい。
      • ただ、50年で6人の転落者が発生しているらしい
  • トプ
    • ボトムズより上の大地のこと。都の灯りは煌々としており、『統治議会』なる統治機構や警察も存在する。
    • トプのアルトロがボトムズのアルトロよりも未来的な機構を備えていたり、飛行機などの『空を飛ぶ』技術がトプにしか存在しなかったり、アルトロのパイロットスーツが降機したあとモーフィングしたりなど、トプはボトムズより技術力が高いよう。
      • なお、トプで作られたらしい令嬢探知装置(ファインダー)は、トプのアルトロだけでなくボトムズのアルトロにも自動対応できるようになっていた。
    • なお、ラストの全景ではトプの向こうに上層、もしくは壁のように別の地が存在しているような描写がされている。
      • たしかDVDのコメンタリで監督が『舞台はスペースコロニーのような場所』と言ってたような…(いまDVDが手元にないので確認できないが)
  • アルトロ(At)
    • ボトムズファインダー世界の二足歩行機械で、言うまでもなく『装甲騎兵ボトムズ』のATにあたる機械。
      • 正式名称は『Armored Trooperoid』(装甲騎兵のようなもの)で、アルファベットでの略はAt(tが小文字)
    • ほぼATと同じくらいのサイズ感で、なおかつみなターレットレンズのように回転する光学センサとローラーダッシュ機能を有し、センサの情報などはATよろしく搭乗者のかけたバイザに表示される
    • ボトムズ側の機体はボトムズから採掘されるアルトロを改造した『マティオンタイプ』がメインで、トプの機体はそれとは別のテクノロジーが用いられた『クニグフト』がメイン。
      • なお、劇中ではマティオンタイプやクニグフトの名称は登場しない
    • マティオンタイプ、クニグフトともにAT的な記号を持ち合わせるものの、フォルムは全体的に未来的。
  • マティオンタイプ
    • ボトムズの人間が乗るアルトロ。丸っこいフォルムだが線は多く、どことなくスポーティな印象を受ける
    • 基本的にボトムズのアルトロ乗りは、発掘されたアルトロをカスタマイズしているよう。
    • マティオンタイプはかなり『装甲騎兵ボトムズ』のATの記号を多く有する。アキ機、エイビィ機ともに回転式光学センサはATのように三つそれぞれ異なる外見を持つ。
      • アキ機やエイビィ機の回転式センサにはアストラギウス銀河の文字ではなく地球と同じアルファベットで『ARMORED TROOPEROID』と書かれたマーキングがある
    • また、スコープドッグのようにセンサ部分を跳ね上げて有視界モードにすることも可能。なお有視界モードは搭乗者のバイザーの上げ下げに連動しているような描写がある。
      • ちなみにバイザーはアキが左右一体型、エイビィが左右分離型(ネックバンド式)。
    • アキ機は白地に差し色として水色やダークグリーン、エイビィ機はモスグリーン地に差し色として水色に近い白やオレンジ、という色合い。
    • 脚部にはターンピックを大型化したような『レッグアンカー』を装備し、ジャンプ時や脚部固定時に使われる。またマニピュレータをワイヤーアンカのように射出する『ワイヤーアーム』を装備。そのほかニーバット時に膝の装甲がアームパンチよろしく伸びる(!!!)という機構もある。
    • そのほか、着地に失敗したときのためにエアバッグを装備している。エアバッグは機体外だけでなくコクピットにもパイロット保護用に装備されている。
    • マティオンタイプは武装や各種機構を圧縮ガスカートリッジで作動させている。カートリッジを詰め込んだドラムマガジンはアルトロの全身のハードポイントに装着されている。
      • 劇中でアキ機やエイビィ機が撃っているライフルはカートリッジそのものを別のカートリッジのガス圧で打ち出してるらしい(=一発撃つごとにカートリッジを二つ消費)。
      • カートリッジの圧縮ガスは劇中では青白い煙で表現されている。
  • クニグフト
    • トプで一般的なアルトロ。マティオンタイプが丸っこいのに対し、やや鋭角なデザイン。
    • 光学センサは同じく回転式だが、マティオンタイプのアキ機やエイビィ機とは異なりセンサごとの外見の差はない。
      • 光学センサの形状はディアハルト機(ビルアーク)が細長いスリット状、一般機が三角、警察仕様が正方形に近い四角、レッシング機がアクセント付きのつぶれた三角。
    • 肩部に三つの射出口を備えており、アンカーやチェーンミサイルなどを射出可能。
    • マティオンタイプと同じくローラーダッシュが可能だが、ローラーダッシュ用の履帯が変形してクローになったりする。
      • ディアハルト機や警察アルトロの射出するアンカーや拘束具も同じような機構を使っているよう。また令嬢を納めたカプセルを固定するワイヤやカプセルを運搬していた車のタイヤも、同じような要素により構成されているよう。
    • マティオンタイプがバイザー経由で情報を表示するのに対して、クニグフト(少なくともディアハルト機とレッシング機について)はコクピット内に光学センサからの映像や情報が直接投影される全天スクリーンになっている
    • メルインガルによると『あたしらにはメインシステムは手に負えない』のだそう。
  • シロアリ
    • ボトムズの両側の崖から時々現れてアルトロ採掘を妨害する、巨大な外骨格型の生命体(のようなもの?)。
    • 名前の通り体色は白い。そしてアリとは思えないくらい大きい。しかも飛行能力がある。\アリだー!/
    • ボトムズのアルトロ採掘にとっては障害らしく、わざわざアキやエイビィのような『用心棒』が雇われるくらい厄介な存在のよう。
    • 実際劇中では大型(大きさにして前日比三倍)のシロアリの登場により採掘したアルトロ用の運搬車両が破壊され収穫が目減りしている。
    • 冒頭でアキが苦戦した大型シロアリは劇中で三度登場し、それなりに重要な要素となっている。
    • シロアリは崖の中にトンネルを掘っており、中には地表(トプ)へ通じるものもあるが、崖内トンネルの地図などはない。
  • 『島』
    • アキたちの住むところにある、工場か何かのプラットフォームのような建物。
    • ディアハルトは令嬢とともにこの建物に身を隠していた。レッシングはアキが『島』の内部構造に詳しいという情報を元にアキに(本来の目的を隠し)仕事を依頼した。
    • 中には打ち捨てられた機械類が散乱しており入り組んでいるが、アキは自分しかしらない近道や唯一の水場の場所を知っていた。結果依頼された仕事を(だまくらかされてるとはつい知らず)やりおおせる。
    • 『島』には一部スコープドッグの頭部のようなデザインの塔が存在する。
    • スコープドッグっぽい塔などから、CRIMSON EYES?の一話に現れる『ボトムズ山』にそこはかとなく似ている
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

主要キーワード

【メニュー編集】(管理者専用)

管理人のみ編集できます