ボトムズ脳になりかけている男が、独断と偏見で『装甲騎兵ボトムズ』劇中内用語について語ったり語らなかったり、アストラギウス銀河の世界観に関して妄想をぶちまけたりするWiki。

第2話『ウド』あらすじ

軍から脱走して半年後、キリコ・キュービィーはウドに流れ着いた。
戦後の混乱の中、ならず者たちの寄り集まった背徳と暴力の街・ウドで、キリコは運悪く、街を我が物顔で踏み荒らす暴走族『ブーンファミリー?』に捕らえられ、郊外のヂヂリウム?採掘場の人夫にされてしまう。

採掘場である男と知り合うキリコ。過労で体を病みかけていた男は、同士とともに地獄のごとく過酷な採掘場から脱出を図ろうとする。キリコもそれに乗じて脱走しようとするが、採掘されたヂヂリウムの上前をはねていた自警団、治安警察?の署長が殺されているのを目撃し、キリコはブーンファミリーから追われる身となってしまう。

バイクに跨がり死に物狂いで追っ手から逃げるキリコだが、途中転倒してしまいピンチに陥る……と、そのとき、迫る追っ手は何者かにより銃撃され、キリコは九死に一生を得る。

追っ手を銃撃したのは、ロッチナ?の手下であった。ビーコンの埋め込まれたキリコは、未だ軍の情報部により監視衛星から追跡されていたのであった。

やがて、スクラップ置き場に行き着くキリコ。身を隠すように廃ATのコクピットに滑り込み、キリコは少し安堵しつつ、一夜を過ごす。

解説

ロボットアニメであるにもかかわらず、二話にしてロボットがほとんど登場しない。描かれるのは猥雑な街角、幅を利かせる暴力、腐敗しかけた権力、そして赤い酸性雨の降る破壊された環境…といった、戦後の荒れ果てた世界の一端である。第一話がATというメカ、キリコというタフガイ、そして運命を左右する謎の女の顔見せだったのに対し、第二話は荒れ果てた世界観の提示、といったところだろうか。

キリコの周りには敵だらけで、唯一彼に利した採掘場の男(エンドロールでは『ラペ』の名前がつけられている)とは出会って一日もしないで別れる、という有様。キリコが『戦場と同じで地獄だ』と思ってしまうのも無理はない。
人との結びつきを欠いた状況の中を駆け抜けたキリコに、掛け替えのない生涯の仲間ができるのは次回である。情け容赦のない今回の描写は、それを引き立てるもののようにも思える。

ノベライズ版の相違点

  • 折檻されるラペを庇おうとしたキリコが、ラペの制止にこたえて庇うのをやめる
  • 採掘場からの脱走が予め計画されたものになっている
  • 脱走時、ラペがキリコを建物に誘う
  • キリコがヂヂリウムを一掴み失敬する
  • ロッチナの部下の狙撃手によるホロ(追っ手の隈取りアフロ)の銃撃シーンがない

鑑賞メモ(妄想含む)

  • 冒頭の『デブリを消滅させながら軌道を周回する監視衛星』だが、光学兵器やエネルギー兵器が一般的でない中、監視衛星がデブリの排除のためだけ?にビームっぽいものを使ってるのは一体。
    • どことなく終盤に出てくる『クエントの自動防衛機構』っぽさもあるが、あのシステム自体はほぼ未知だったため、目的などが同じであるため似ただけなのかもしれない(やや大仰な言い方をすると収斂進化的な)
  • 街中の看板については、アストラギウス銀河のアルファベットとは異なるものが目立つ。まだ設定が固まっていないためとは思うが、言語体系が一つだけでなく多様であるため、という可能性もなくはない。
  • ブーンのセリフに『薄汚いドブネズミ』という言葉が出てくるが、機甲猟兵メロウリンク?でもメロウリンクの口から同じ言葉が出てきてたよね
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

主要キーワード

【メニュー編集】(管理者専用)

管理人のみ編集できます