ボトムズ脳になりかけている男が、独断と偏見で『装甲騎兵ボトムズ』劇中内用語について語ったり語らなかったり、アストラギウス銀河の世界観に関して妄想をぶちまけたりするWiki。

第5話『罠』あらすじ

バトリング場で逮捕されたキリコ・キュービィーは、その背後に軍がいると見た治安警察?秘密結社?)により拷問を受ける。一方バニラ?はキリコの救出を画策し、治安警察本部の偵察や情報収集を始める。ゴウト?も訝しがりつつそれに乗り、ココナ?を加えた三人で救出作戦を実行、キリコを救い出すことに成功する。

しかし、背後関係こそなかったものの、「例の作戦」で抹殺したはずのキリコが生きていたことを重く見た秘密結社は、キリコを再び抹殺せんと罠を張る。彼らは密告者を通じてキリコを再びリアルバトルに誘う。傷も癒えていないと制止するゴウトを振り切り、誘いに乗るキリコ。

人気のない廃墟で行われるバトリングで、キリコを狙うのは「例の作戦」の現場指揮者のもう一人、オリヤ?大尉であった。キリコはオリヤを追い詰め、なぜ自分を狙うのか、例の作戦が何だったのか問う。オリヤは口を開きかけるが、治安警察によりオリヤは殺される。
皆殺しにしようと治安警察はなおも攻撃を続ける中、一台のリムジンが通り抜けてゆく。対ブーンファミリー戦でも、バトリング場でも現れた、女を乗せたリムジン。キリコはそれを見て、胸騒ぎを覚える。

解説

ノベライズ版の相違点

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

主要キーワード

【メニュー編集】(管理者専用)

管理人のみ編集できます